電気製品を自作したい人必見?部品の揃え方とは

by admin

元からある部品の再利用

電化製品を自分で作ってみたいと考えたことがある人もいることでしょう。専門的な知識や技術が必要になりますが、自分で作ったものというのは愛着が沸きますよね。電気製品を自分で作る際には多くの部品が必要になります。その部品の仕入れ先として、まず考えられるのが既存品の再利用です。テレビやパソコンなどを分解すると、まだ使える部品もたくさん残されています。そのような部品の一部を再利用することで、コスト削減にもなります。


ホームセンターも便利

電気製品を自分で作る場合、ホームセンターは心強い味方となってくれるでしょう。一般的に使用される部品であれば、多くのものがホームセンターでそろえることができるのです。また、部品だけではなく、自作する際の道具も一緒に購入できるのもいいですよね。電気製品の部品はまとめて別のコーナーに取り揃えられていることも多いため、簡単に見つけることができます。作りたいと考えている人も、どのような部品があるのか見てみるだけでも楽しいかもしれません。


専門店の利用が手っ取り早い?

一般的な部品であればホームセンターで購入することができます。しかし、専門的な細かい部品になるとやはりホームセンターだけでは対応しきれないこともあるでしょう。そのようなときに頼りになるのが電気専門店です。ホームセンターにはない、マニアックな部品が取り揃えられていることも多く、さらに数や種類も豊富です。電気製品を作る前にまずチェックし手置く必要があるでしょう。また、スタッフの方も電気製品を専門にしているため、相談に乗ってくれる可能性もあります。



クワイン=マクラスキー法という手法で、コンパクトな回路構成を導くことが出来ます。ですが、素子をどう配置するのかの最短配線問題は解がなく、裏面も使ったりプリント基板設計には輻輳を意識せずにはできません。

Comments are closed.