フランチャイズのコンビニ経営!一国一城の主へ!

by admin

フランチャイズであれば起業は容易

自営業には自営業の、サラリーマンにはサラリーマンの苦悩があります。それでも自力で生きて行くことが目標である、と言う人は意外といます。ですから、そのような人は起業をすることがお勧めできます。しかし、ノウハウなどがない場合は非常に難しいです。そこでお勧めできるのがフランチャイズです。フランチャイズであれば、ノウハウを丸々、利用することができます。それがとても良いことであるといえます。リスクが低い起業です。


リスクが低いといっても

リスクが低い起業ではありますが、それでもないわけではないです。そこをよく認識してから、行動するべきです。お金としては、契約金とロイヤリティ、そして、場所が必要になります。ちなみにこれは同じフランチャイズ本部であろうとまったく同じではなく、細かく状況によって違うことがありますから、それはよく折衝したほうがよいです。良い土地を持っているのであれば、そこで開業できるわけですから、フランチャイズ本部としても開業して欲しいからです。


どの程度の利益が出るのか

利益が出るかどうかの予想も意外と立てやすいです。要するに商売としてははっきりとしているからです。これはクリーニングであったり、コンビニであったり、飲食店であったりするわけです。その場所でそれらの商売に対する需要があるのかどうかを予測すればよいです。マーケティングをする必要があります。そうすればまず、やるべきかどうかを判断できます。確実ではないですが、それが事業計画にはとても重要な行為になっているのは間違いないです。



代理店とは端的に言うと売主と顧客を結ぶ仲介役です。なので、報酬は売主からもらい顧客は売主に支払うというサイクルでまわっています。

Comments are closed.