引越しの片付けはいつから始めるのがベスト?

by admin

見積もりからすでに引越しは始まっている

引越しの片付けは引越しの前日にやるという人は意外にも多いです。しかし、引越しの片付けは営業マンが訪問見積もりに来た時点ではある程度しておいたほうがいいです。引越しの料金というのは決まった価格はないですが、営業マンが見積もりをとってしまうとその金額でほぼ決定してしまうからです。営業マンが見積もりをとりに部屋に来たとき、部屋が汚く散らかっていては、「当日もトラブルが起きるかもしれない」と思われて価格を上乗せされてしまうかもしれません。荷物が片付いておらず、荷物の量を正確に判断できない場合、高めの料金を設定するのが普通です。はっきりと「荷物はこれだけです」と言えるようにしておきましょう。


片付けには人間性も現れる?

片づけをしておくべき理由としてもう1つ、その人の人間性も現れるからです。部屋がキレイな人と、部屋が汚い人では、普通は前者と付き合いたいと思います。引越しのスタッフも人間ですから、人間的な魅力のある人と契約したいと思います。「この人とはぜひ契約したい」と思わせることができれば、引っ越しの値下げ交渉もうまくいく可能性が上がります。挨拶や話し方、服装などを気をつけるだけでなく、部屋の片付けもしっかりしておいて、「この人はしっかりした人だな」と思わせることが、見積価格を下げる交渉を成功させるコツです。


荷物を少し減らすことで大幅に料金が下がる?

荷物を減らすことで大幅に引越しの料金が下がる可能性があります。理由の1つは作業員の数にあります。引越し料金の内訳で大きな割合を占めるのが作業員の費用です。作業員を1人減らすだけで1万円以上も料金が下がることがあります。荷物を減らしたり、大きな家具・電化製品を処分したりすることで作業員の数を一人減らせて料金を大幅に節約できる可能性があります。また、トラックのサイズも影響することがあります。トラックのサイズが小・中・大と分かれていて、サイズによって料金が変わるような会社ですと、荷物を減らしてトラックのサイズを1つ下げることで、大幅な節約になります。



自宅に要らない不用品があれば専門の業者に頼んで不用品の回収をしてもらう事ができます。自宅まで出張で来てくれるのでとても便利です。不用品の種類によっては高値で買い取ってもらえる場合もあります。

不用品回収なら横浜はこちらから
不用品回収なら東京ならこちら

Comments are closed.