派遣型運転代行業務で気を付けるべき3つのポイント

by admin

お客様を乗せている意識を持ちましょう

派遣型運転代行業務では、もちろんお客様を乗せての運転となります。お客様を乗せての運転では、アクセル、ブレーキ、曲がり方などに注意して運転しましょう。アクセルやブレーキは運転してる本人はあまり気にならないものです。ですが、お客様は非常に気にします。普段一人で運転しているとき以上に、急発進や急ブレーキに気をつけて、乗り心地のよい運転を心がけてください。乗り心地が良くてお客様が寝てしまうぐらいを目指すと丁度良いのかもしれませんね。


空調に気を遣いましょう

空調には気を遣いましょう。タバコの煙が嫌いなお客様の場合、タバコのにおいがしただけで、次からは利用してくれなくなるでしょう。また、暑さ寒さの感じ方も人それぞれですので、お客様に確認して、ベストな空調にしましょう。また、食べ物の匂いも気にされる方は非常に気にされます。自分の口臭はもちろんのこと、荷物の中にあった匂いの強い食品には常に気を配り、換気を徹底しましょう。また、消臭剤を使うのも効果的ですので、利用してみてください。


お客様を乗せていないときも周りの目を意識した運転を

お客様を乗せていないときに、少し乱暴気味に運転していたとします。その運転を見たお客様は、その運転手の車に乗りたいと思うでしょうか?おそらく、自分から進んでは乗りたいと思わないでしょうね。お客様は良く見ています。お客様を乗せての運転は普段の運転より疲れることでしょう。ですので、当然ストレスはたまります。ですが、そのストレスを運転にぶつけるのは絶対にやめましょう。そのようなことでお客様が離れていっては自分が一番損をしますよ。



運転手の派遣のサービスの内容は、それぞれのタクシー会社の基準により、大きな違いが見られるため、まずは依頼先をきちんと決めることが大事です。

Comments are closed.