女性も安心!集合住宅でプライバシーを守る方法

by admin

防音対策には力を入れるべし

集合住宅は大勢の人たちが一つの建物で暮らすわけですから、プライバシーが守りにくくなってしまいますよね。ですが、工夫をすることでプライバシーは守れます。防音対策が有効な手段の一つとなるのは知っておきましょう。生活音は、聞くだけでその人が何をしているかだいたい分かるものです。床にカーペットを敷いたり、遮音カーテンをつけたりすると、音が上下左右の部屋に伝わりにくくなります。その結果、自分の生活を他人に知られてしまうこともなくなります。


郵便受けはこまめにチェックを

マンションは、基本的に一箇所に全戸分の郵便受けが並んでいます。郵便受けには鍵がかかっていることが少ないですから、こまめに内容物を取り出さないと、どういった手紙が来ているのか他人に知られてしまう可能性があります。郵便物はその人の生活を窺い知るためには大きな手段となりますから、できるだけこまめにチェックして、人に見られる前に回収しておくのがいいですね。公的機関からのお知らせも届くので、郵便物を貯めておくのはやめておきましょう。


24時間ゴミ出しができるマンションは便利

24時間ゴミ出しができるタイプのマンションなら、朝の時間にスッピンを見られることもなくなります。人に会わずにゴミ出しができるので、プライバシーは守りやすくなることでしょう。生ごみを分解するディスポーザーが付いているマンションなら、さらに生活感を人に見せなくて済みます。ゴミはその人の生活を如実に表すものなので、24時間いつでもゴミ出しができるマンションなら女性も安心して暮らせるはずです。夜中こっそりゴミ出しができるので便利です。



機密文書の扱いを一歩間違えば大変な損失になります。廃棄の際は必ずシュレッダー処理するなど、外部への流出を防ぐ手段が必要です。

機密文書の廃棄はこちら
機密文書の処理の他の記事

Comments are closed.